どうしても完済できない時は

カードローンも複数社で借入れをすると、返済の負担も辛く、生活も圧迫します。効率的に返済するためにおまとめローンを利用する、残債を効率よく整理できる所から返済していくなど、完済を目指すならばいくつかのコツはあります。

 

しかし、現在の返済が明らかに間に合っていない場合、おまとめローンの審査も厳しいでしょうし、繰り上げて返済をするのがそもそも難しいでしょう。

 

現在の収入と返済のバランスがすでに成り立っていないのであれば、通常通りの返済ではなく、完済までの流れを交渉する手段もあります。

 

一例を挙げるとカードローン会社との示談です。完済を目指して努力する代わりに、今後の利息を免除してもらい、借入残高を分割で返済するなどの方法もあります。もちろん相手の返答次第な所はあるので、交渉がうまくいくとは限りません。

 

現実的に完済までの交渉をするのであれば、自分対カードローン会社ではなく、弁護士などに仲介してもらう方が確実です。弁護士に頼むから即自己破産と勘違いしている人もいますが、債務整理の方法は自己破産だけではありません。今後の利息分を免除して返済していく、返済額を減らしてもらうなど、様々な方法があります。

 

どうしても返済ができないと判断したら、相談してみると解決する可能性もあります。